Topic

郡山東高校より

2学年 探究 学年発表会

1月14日(金)6,7校時に2学年の探究発表(クラス代表者)が行われました。それぞれに工夫を凝らし、時間の無い中でパワーポイントを作成し、素晴らしい発表となりました。聴講する生徒が投票し、後日学年1位が発表されます。

6組代表 荒川理薫さん

 

5組代表 常恒美里さん

 

4組代表 先崎来陽くん

 

3組代表 寺島凜河さん

 

7組代表 大和田心結さん

 

1組代表 成井啓太くん

 

2組代表 熊田あかねさん

郡山市長来校

郡山市が主催するプロジェクト「わかもの創生会議」に2年7組佐藤叶夢君が参加しています。12月16日(木)、品川萬里郡山市長が来校し、佐藤君にプロジェクト参加の御礼と激励の言葉をかけました。

「わかもの創生会議」は高校生が「SDGs」の理念を踏まえ、地域や社会の課題解決に向けた政策やアイディアを研究し発表するものです。

(左より 品川郡山市長、佐藤君、菅家2学年主任、中野校長)

 

インドアソフトテニス県中地区大会が行われました。

12月2日、3日に男子は郡山総合体育館、女子は西部体育館にて、令和3年度福島県高等学校インドアソフトテニス選手権大会県中地区大会が開催されました。男子ソフトテニス部は個人戦 常田・菊地ペアが優勝、須佐・菅野ペアが第3位。団体戦は第2位という素晴らしい結果となりました。女子ソフトテニス部は団体戦第2位となり、県大会出場を決めました。

日頃ご指導してくださる外部コーチの久保田様、橋本様に感謝申し上げます。

修学旅行最終日

本日は修学旅行最終日。午前中は世界文化遺産「中尊寺」を見学し、昼食後、郡山に向けて出発。17:00定刻通り、郡山駅東口に到着し、無事全員解散しました。悪天候が予想されましたが、見学地に着く頃には天気も回復し、写真撮影も無事に行えました。

日程、出発地の変更等、様々ありましたが、無事に実施することが出来、保護者の皆様には大変感謝しております。ありがとうございました。

中尊寺

 

修学旅行最後の昼食風景

 

国見SAで休憩(福島が一番寒いです)

 

修学旅行二日目

本日は修学旅行2日目。函館の町の班別自主研修でした。好天に恵まれ、各班思い思いに散策しました。赤レンガ倉庫ではお土産購入も楽しみました。その後、盛岡に移動し、全員無事に宿に入りました。

函館八幡坂

赤レンガ倉庫

函館北斗駅で新幹線を待つ

夕食はビュッフェスタイル

修学旅行一日目

本日より、2学年修学旅行が始まりました。

初日は、郡山から函館に移動。函館五稜郭公園を見学し、その後函館の夜景を観賞しました。

定刻通り、全員無事に宿に入り、それぞれに体を休めています。

 

撫でるといいとされる武田碑

五稜郭タワーからの五稜郭

函館の夜景(絶景でした)

「復興と再エネの未来へ~浜通りに行こう!」

 11月20日(土)、「復興と再エネの未来へ~浜通りへ行こう!」と題し、地域課題探究学習を行いました。1年生と2年生から希望を募り15名が参加しました。研修プログラムの概要は、以下の通りです。詳しくは、こちらの「復興と再エネの未来へ」報告書(学校HP).pdfをご覧下さい。

 

◎【あすびと福島】での『再エネ・プログラム』 9:30~12:00

  ・フィールドワーク「沿岸部の風力・太陽光発電施設の見学」   

  ・ワークショップ「私たちにできることを考える」

◎(車窓見学[福島ロボットテストフィールド・福島水素エネルギー研究フィールド])

◎【震災遺構「請戸小学校」】見学  13:30~14:00

◎【伝承館】での『高校生研修会』 14:20~16:00

  ・東日本大震災・原子力災害伝承館「展示見学」14:20~14:50

  ・双葉町産業交流センター小会議室「語り部講話」15:00~15:40

  ・振り返りワークショップ  15:40~16:00 

 

韓国のMiraldure High SchoolとZOOM Meetingをしました!

Miraldure High Schoolとの交流は、高校生同士の楽しさに溢れたミーティングとなりました。

自己紹介ではさっそくお互いのInstagramやLINEを交換しました。その後の質問ではファッションやアニメ、好きなキャラクターなど身近な話題で盛り上がりました。やはり韓国でも鬼滅の刃や呪術回戦は人気のようです。

今回の交流はほぼ英語で行いました。が、実は日本語を学んでいる韓国人の生徒がいて、本校生徒が話す日本語を韓国語に通訳してくれる場面もあり、大変助かりました。

韓国の交流メンバーは主に環境問題に関心があるそうです。今後の交流において、SDGs関連やその他の共同学習への発展が期待できます。